食生活やらについて書き残しつつ

最近、食事への意識が変わり始めている気がします。
以前までは、”バランス良く食べないと健康を維持できない”とか”食べないと血糖値が下がって云々かんぬん”という情報を鵜呑みにしていました。

いわゆる栄養学というやつです。
でも、食べない方が健康になるというような情報を聞くようになってから、少しずつ意識が変わり始めているところです。

最初は、「いや、食べないと体調崩すんじゃないの?」とか、「バランス良く栄養を摂らないと、今後の健康に支障が出るでしょ?」なんて思っていたのですが、どうやら違うようです。

実際に、食べる量を制限した方が調子が良くなる事が多かったので驚愕でした。

いや、今までもそうなっていた時の方が調子が良かったのかもしれませんが、それに気づくことが無かったような気がします。だって、普通は、食べないと血糖値が下がってしまい体もフラフラすると思われていますから。

実際、食べる量を抑えるとそういう事が起こります。
でも、それも思い込みの部分も大きかったのかもしれません。

今は、空腹でもフラフラする事も無くなり、返って調子が良かったりするので驚きです。むしろ、しっかり食べる方が体が言うことを聞かなくなる事の方が多い気がしますねぇ。

まあ、そんな食生活に関して調べたり、気づいたことなんかを書きつつ、後は、気になる情報をたまに書き残していくような使い方をしたいなと考え中です。

膀胱炎にはクランベリーのキナ酸

最近、何気なくクランベリーを食べています。

私の場合は、膀胱炎予防という目的とは関係なく、手頃なドライフルーツとして続けやすいから試しているという感じです。ただし、質だけは無駄に拘って有機栽培で砂糖不使用のものにしています。

こういうドライフルーツも中には、砂糖を沢山使って甘くしているものがありますが、正直美味しいと思いませんし、身体の事も考えると、白砂糖って、身体に良くないらしいので控えるようにしています。

なので、有機栽培のクランベリー。
そして砂糖不使用のもの。

そんなクランベリーの効能と言えば、膀胱炎に効くと言われていること。
今では、膀胱炎サプリメントとして色々なものがありますが、その中でもクランベリーエキス配合のものが多いのでそれも頷けます。

クランベリーそのものを食べるのも良いですが、やっぱり、サプリメントで手軽に補えるなら、そっちの方が良いと考える人も多いでしょうから。それに、出先などで膀胱炎の兆候が現れてきたなという時にも、ドライフルーツを持ち歩くのは忍びないですが、サプリメントならピルケース等に入れて持ち運ぶのも楽です。

女性の場合、一生涯の内で膀胱炎になるのは4人に一人の割合だそうです。自分だけで考えても25%もあるとなると、決して人ごとではありませんよね。
しかも、発症すると繰り返すのも膀胱炎の特徴。

これは、大腸菌がそれだけ繁殖しやすい状態になってきているからというのが関係していると言えますが、クランベリーに含まれるキナ酸には、大腸菌などの細菌の繁殖を抑える働きがあるそうです。

そして、繁殖が抑えられている内に免疫力が戻り、膀胱炎を防ぐ事が出来ると言うことですが、その為にも、しっかりキナ酸は取り込んでいくべきなのだと言えます。

目の酷使による疲労や眼病予防にはルテイン

いくら健康を気遣って生活しているつもりでも、どうしても、年齢にはかなわないなと思える事があります。それが、目の調子。

パソコン中心の仕事になってからというもの、どうしても疲れやすくなってしまいます。

それでも、仕事をしていかなければいけないのですが、そこで無理がかかると、目の健康を害する恐れもあります。そんな弱った状態で紫外線などをたくさん浴びたら、それこそ白内障などになるかもしれません。

そんな事から目の健康を少しでも改善する為、眼病予防の対策として用いているのがルテインです。

ルテインは、緑黄色野菜に含まれる成分ですが、フィトケミカルという色素成分が細胞を紫外線や活性酸素などの害から守ってくれるそうです。また、目の網膜には、ルテインが含まれていて、実際にそうした働きがあるので補う必要があると言われています。

これもまた年齢とともに不足してしまう成分ですが、その状態が続くと、それだけ目の健康が脅かされる原因となる可能性があるので予防の為だったり、眼精疲労など、日頃の酷使から来る辛さを少しでも緩和できればいいなと思ってます。

血糖値測定器は糖尿病の予防になる?

生活習慣病と言えば、糖尿病という印象がある位、日本で罹患者数は、糖尿病と予備軍の両方を合わせると2千万人を超えるそうです。ということは、5人に1人が糖尿病ということになります。

糖尿病患者数は増えていることに変わりなく、欧米化した食事、今の日本の平均的な食生活を続けていれば、糖尿病になってもおかしくないとも言えるかもしれません。

今の食生活が大丈夫なのか確認することが必要だなぁという気がしたので海外製の血糖値測定器を個人輸入し、気になったら自己測定をするようにしています。

お陰で食べ物によって血糖値がどんな変化をするのかを色々と知ることができるようになりました。

特に、お菓子をはじめとする加工食品を食べた後の血糖値の上がり具合は、なかなか目を見張るものがあります。そこに含まれる砂糖だったり人工甘味料だったりが高血糖へと拍車をかけているのかもしれません。

結局、そうした材料も大量入手できるものだったり、安価なものだったりするので、結果的に粗悪な材料ということになるのかもしれませんが、それを抜きにしても、血糖値アップに悪い意味で貢献してくれているので注意しないとなと思いました。

紫外線対策は飲む日焼け止めが良さそう

夏が終わる頃に鏡で自分の顔を見たら、ちょっとした異変に気付きました。
「あれ・・・なんだかシミ増えたような・・・」と思って、よくよく見てみたら、小さいシミが増えていました。

うすうす感じていた事だけど、紫外線を浴びると、数年前までなんともなかったのが今では、シミとして残ってしまう。肌のバリアが弱っている気がします。

これは、どうにか対策しないと次の夏も大変だぞと思い色々と調べてみたのですが、やっぱり、普通に日焼け止めクリームで対策が妥当かなと思うものの、あのベタベタ感がどうも好きになれない。

サラサラしているのも増えているらしいけど、なんとなくケミカルのスプレーというのも抵抗があります。

そこで、サプリメントみたいな対策方法が無いかなと思ったら、面白いものがありました。それが、飲む日焼け止め「ヘリオケア」というものです。

これの何がすごいのかというと、サプリメント感覚で服用するだけで、紫外線対策が出来てしまうという事です。そして、天然のシダ由来のエキスで安全性も保証されている位なのに、紫外線による日焼けはきちんと防ぐことが出来てしまうらしいです。

実は、結構前から人気となっていたようですが、私は、最近知りました。その位、探していないと見つけられないので、たまたま見つけれて良かったなと思ってます。

ページ

Copyright (C) 2016 食生活について考える事が増えました All Rights Reserved.