朝はグラノーラ中心に軽めが良さそう

朝は、和食ではなくグラノーラをベースに色々と種実類などミックスして食べるようにしています。日本人には、和食が合っていますが、食べる量によっては身体がだるくなったり頭が働かなくなるので、私に合いません。

でも、それだけだと身体が冷える感じがします。
というのも、牛乳ではなく豆乳を混ぜて食べるのですが、冷蔵庫から出したばかりのものをかけて食べるので、そりゃ冷えるよなぁと言う感じです。

最近になり、スーパーフードのキヌアとアマランサスを購入し、試しにそのまま食べてみたら、かなり固かったので、これは、さすがに少し煮込んだ方が良いなと思っていたんですが、それなら、グラノーラもすべて一緒に煮込めば良いじゃんと思いました。

お湯が沸騰したらキヌアやアマランサスなどを加えて3分程度煮込み、そこに、他の食材も加えて、最後にグラノーラを入れる。グラノーラは、市販のものなので、そのままでも食べれますが、最近は、カリっとしているよりドロっとしている方が美味しいと感じます。

美味しいというか、身体に負担なく食べられる感じが気に入っているのかもしれません。

火を止めた後は、冷蔵庫から出してきた果物を少し加える事で果物の冷たさも無く、身体を冷やす事が減ります。果物類は、熱で酵素が死んでしまいますが、火を止めて人肌程度なら問題無いのでちょうど良いですから。

見た目は、ドロっとしていて色もあまり良くないけど、温かくなったお陰で身体も冷える事が無くなり、快適に食べられるようになりました。

コンテンツ

Copyright (C) 2016 食生活について考える事が増えました All Rights Reserved.