しっかり栄養から胃腸を休める意識へ

ファスティングや酵素云々ではなく、胃腸を休める事を第一に考えると、身体の為を思った食生活という意識に変わってくると思います。すると、自然と食べる量が減り、必要最小限となります。

じゃあ、必要最小限の食事の中である程度しっかり栄養を摂る事を考えると、自ずと質の良い物という事になり、その為に何を意識すべきか考えると、スーパーフードのように、高栄養で少量で済むものを選ぶようになると思います。

スーパーフードが高栄養だからと考えるのではなく、身体の事を第一に考えて調整していった結果、食材選びの重要性にたどり着くという事でしょうか。

また、その食材もスーパーフード以外にも、有機栽培のものなど、農薬を出来るだけ必要とせずに育てられた物であれば、栄養としてのプラスの要因だけでなく、残留農薬などのマイナスの要因も同時に解消してくれます。

何より、有機食材は、市販の食材よりも味がしっかりしている事が多いように感じます。結局は、ここですね。味が決め手。
やっぱり、美味しい方が続けやすいし、良さを実感しやすいものです。

コンテンツ

Copyright (C) 2016 食生活について考える事が増えました All Rights Reserved.