朝は排泄の時間らしいです

人の体の活動の中でも朝というのは、排泄の時間らしいです。内臓もまだ活動準備が入っていない状態らしく、そんなところに食べ物を放り込むと、その処理に追われてしまって大変なようです。

もしも、これが正しいとすると、内臓の働きが悪いから結局、消化や吸収率も悪いのかもしれませんよね。

食事は、朝は抜いて昼と夜だけにするのが良いとも言われている位、朝は、前日までに溜まった毒素を排出する時間。毒素というと聞こえが悪いですから、老廃物としておくのが良いのかもしれません。

という事で実践してみると、まず、驚くのが食べなくても意外と平気で居られる事。無理に食べる必要無かったのかなと思える位で、今までの食習慣は、なんだったのだろうと思ったりもします。

でも、若干フラフラする感じもあります。
今まで、朝食べる事で活力を得られていたのも確かに有りますから。

あまり無理をするのも良くないという事で、全く食べないで居られないなら、水やお湯を咀嚼しながら飲むのも一つの方法らしく、併せて、梅干しを1個か2個程度食べるのも一つの方法です。

私は、毎朝決まって青汁の粉末をお湯に溶かして飲むのですが、朝を食べなくてもこれがあるので、普通よりは楽にやっている気がします。

つらさが有るなら無理に続けない方が良いのかもしれませんが、自分自身の食生活を振り返ってみると、正しいと思ってやってきた事で今まで体に迷惑をかけてきたので、出来るなら、この方法も活用していきたいなと思っています。

コンテンツ

Copyright (C) 2016 食生活について考える事が増えました All Rights Reserved.