有機食材のオンパレード

食事量を意図的に減らすようにすると、食べられるものを厳選するようになります。限られている食事の中でしっかり栄養を摂ろうという気持ちが働くからなのですが、そこで、色々と食材の見直しをしてみました。

その結果、以下のような食材を注文。

  • 有機発芽玄米
  • 有機十六穀米
  • 有機煎りごま
  • 有機ワイルドブルーベリー
  • 有機クランベリー
  • 有機キヌア
  • 有機アマランサス
  • 有機カボチャの種
  • 有機オートーミール

というように、有機だらけで良くわかりませんが、最初のきっかけは、玄米でした。とりあえず、白米から玄米にしようと思って探していたら、十六穀米も追加してみようと思って色々と商品探し。

果物は、バナナ位しか食べてないので、せめてドライフルーツで少しでも摂ろうという事でクランベリーやビルベリーも食べるようにしてたので、それも、農薬使用の有無がはっきりしない怪しい物はやめて有機へ切り替え。

少し前まで、安くて沢山入っているからとフルーティヤというサイトから買っていたんですが、ちょっとその辺が微妙だったのでヤメました。そして、届いたクランベリーを食べて、今まで食べていたものと比べて全く味が違ったので焦りました。

有機のクランベリーは、しっかり酸味があります。
対してブルーベリーの味は、かなりマイルド。

キヌアとアマランサスは、鳥のえさのような小ささで結構歯ごたえがあります。ごまより固いですが、これは、オートミールと一緒に煮込むようなので、消化も悪くない気がします。種実類もできるだけ生で食べたいものの、中には、生じゃない方が良いものもありますので、とりあえず、安全な方法で。

という事で、カボチャの種も生のもので試食してみたら、それでも全然美味しかったものの(もちろん塩無しで)、一応、軽くフライパンで炒めてあら熱を取ったら、保存ケースに入れて冷蔵庫行きです。

って、ちょっとこだわり過ぎた感はありますが、こういうのも一通り試してみて、続けられそうなものを選んでいこうという感じです。

コンテンツ

Copyright (C) 2016 食生活について考える事が増えました All Rights Reserved.