外食も”質”にこだわってしまうのは否めない

食生活を改善していると、外食に困ります。笑
これは、結構切実な問題かもしれません。なんせ、特に外食しなくても平気なのですから。でも、人付き合い考えるとそれもちょっといただけませんねぇ。

まあ、そこまで人付き合いも大切かにもよりますが、昔なら、有無も言わさず酒が必要だった人付き合いも、今では、平気で断る若い世代も多くなってきているそうなので、時代の変化にしみじみ酒を飲むおじさんの姿も思い浮かびます。

そんな妄想は置いておいて、もしも外食で有機食材系のお店を探すなら、どういう所が良いのか考えてみました。

まず、イタリア料理やフランス料理などでも、こうした食材を使っている所があり、見た目にも美しいものですが、正直、こういう所は、それほど魅力を感じません。

それよりも、日本の食材を使って素朴だけど、ちゃんとした質がそこにあるものがやっぱり興味引かれますね。特に、結構簡単で少しやり方を教えてもらったら、自分でもまねできそうなものだったら、なおさら良いのかなと思えます。

そうか考えると、有機食材を使った家庭料理的なお店だったら、入ってみたいなと思っていますが、こういう所って少なそうなので探すのが大変そうです。

とりあえず、有機食材とかあまり拘らずに、京料理のように、食材を生かした料理を出してくれる所がベターなのかなと思うので、まずは、それらもチェックしつつ、もっと気楽に入店できる有機食材カフェとか、そういう所から探してみたいなと思っています。

ただし、カフェの場合は、豆までカフェインレスとかこだわりが強いと逆に微妙かなぁあと思ったり・・・。

コンテンツ

Copyright (C) 2016 食生活について考える事が増えました All Rights Reserved.