次第に動物性から植物性タンパク質へ

ここの所、肉食から離れてきました。
ベジタリアンという事ではないものの、食事を見直していくと必然的に肉の食べるようが減るというか、肉を食べなくても十分に満腹感が得られるのでそこまで必要なくなってきたという感じでしょうか。

その代わりに、植物性タンパク質の摂取として、納豆、豆腐、豆乳、種実類などに頼る形になってきていますが、やっぱり、植物性タンパク質だと絶対量が足りないのかもしれません。

身体の変化を見るとそれも確認できるのですが、そんな生活を続けて1ヶ月以上経過した時にふと鏡を見ると、明らかに上半身の筋肉が落ちていました。

皮下脂肪は、その前の段階で結構取れてきたという実感があったものの、その皮下脂肪が取れて筋肉の筋が見えてきたと思ったら、筋肉自体も細く・・・。

肉食を控えたことで肉に含まれる脂肪分の摂取量も減ったものの、吸収されやすく量も多い動物性タンパク質が減った事で筋肉自体の張りも減ったのは、ちょっと貧相に見えてしまいます。

なので、ちょっと食事量を増やさないといけないかなぁというのがネック。

正直、それほど沢山食べないで空腹も感じる事が少ないし、少ない方が身体も楽な分だけに、増やす方が苦痛となってしまうというのは、おかしな感じもしなくありませんが、ファスティングで身体に負担をかけない意識が芽生えてくると、自ずとこうした事が課題となってくるのかもしれません。

導入したばかりで食に対する未練が強い人は、食べない事にメリットを見いだそうとダイエットに良いとか健康になるとか考えがちかもしれませんが、身体が楽でいられる所にたどり着くと、どうも食事を増やす事で今の食生活を無駄にしてしまいかねないので微妙なところです。

まあ、でも筋肉が落ちるのもいただけないので、鶏のささみの量と卵を追加する位で調整してみるのがタンパク質の摂取には最適なのかなと思うので、その辺の調整からやっていこうかなと考え中です。

そういえば、以前は毎日2個食べていた卵も最近は、冷蔵庫に無いのが当たり前になってたなぁと今頃気付きました。笑

コンテンツ

Copyright (C) 2016 食生活について考える事が増えました All Rights Reserved.