ドラッグストアのものと全然違いました

最近は、白米を食べる事が少なくなってしまいました。
と言っても、一日一食分は食べるようにしてるものの、1.5合を炊飯器で炊いても3日分にもなるくらいです。なので、一食あたり0.5合くらいでしょうか。

こういう食生活になる前は、10kgの白米を買えば、まあ、2ヶ月以内に食べ終わるだろう程度に思っていたら、思いの外減りません。

もう、「まだ有るの?」と思う位減らない・・・。白米が嫌いとかではなく、健康の為にも精製米は、少し減らそうと思ったら、ちょっと度が過ぎてしまいました。

そんな白米を食べる時にも栄養を追加するという目的で近くのドラッグストアで見つけた十六穀米のブレンドを一緒に入れて炊飯してみました。これは、白米に追加して炊飯する目的で実際に売られているものです。

で、実際に試してみると結構パサパサ。
まあ、種類が色々増えたからパサパサになったんだろうと思い、水を多めに入れて炊き込むようにしているんですが、それでもやっぱりパサパサ。

すっかりそうなるのが普通なんだろうなと思い込んでいたのですが、その後、ネットでオーサワという所から出ている有機栽培の十六穀米を試してみたら、普通にしっとりしていました。

あれ?こんなに違うもの?と正直思ってしまったのですが、有機栽培の十六穀米はしっとり美味しいだけでなく、3日目でもまだしっとりしています。いや、もしかしたら別でいりごまを加えた事も関係している気がしなくもありませんが、やっぱり有機栽培の方が品質も味も良いという実感が確かに有りました。

コンテンツ

Copyright (C) 2016 食生活について考える事が増えました All Rights Reserved.