本当に美味しくて行って良かった

以前、人生で初めての本格的な懐石料理を食べました。
そのお店は銀座にあるのですが、食べログなどで見てみると評価が高かったのですが、二つ、候補があって片方が休みだったのでもう片方に決めました。

実際、どれを食べてもおいしくてかなり満足だったのですが、料理も終盤に差し掛かった頃に大将と与太話をしている中で、私が割と健康志向という話になったのですが、その中で、食材やそこに含まれる栄養などの話になると、私の方がさすがに情報を持っていました。

これは、自分をおごっているとかではなく、単純にそうした事を調べるのが好きなので、自然に知識が増えてきたという程度の事ですが、料理は一流でも、食材に関する知識は、また別腹なんでしょうかね。

懐石料理を食べに行った理由は、最近、健康的な食生活を心がけていて、量よりも質を重視していて、食べる量も減らしているので質にこだわった結果、食材の味を大切にする会席料理は、最適だなと思っただけなんですが、実際に色々食べてそれは正解。

その上で、食材に関する知識も豊富で、「この人にはかなわないなぁ」と思えたら、おそらく、すっかりそのお店のファンになって、定期的に通うような気がします。料理も一流で私が知らない事を色々知っていたら、それらも含めてお金を払う価値があるなと思えるので。

こういうのをなんと言えば良いのかピンと来ませんが、セルフプロデュースというかブランディングというかそんな感じかな。

この人は、いろんな事を知っていてその上でこの料理があるという事になれば、料理の味に満足するだけでなく、その時間にこそ満足できるというものですが、もしも、次に懐石料理を食べる機会があれば、その辺りも踏まえてお店を探してみたいですね。

まあ、でも、さすがにそんなに頻繁に行けるほど余裕があるわけでもないので、じっくり調べて、本当に行ってみたいお店が見つかったら考えようかなと言う感じです。

何にしても、その後に地元の観光スポットの海鮮料理を食べたら、料金は高いのに不味くて量も少なかったので、それから考えると十分にコスパは良かったなと思えました。

コンテンツ

Copyright (C) 2016 食生活について考える事が増えました All Rights Reserved.