安いという事は食材の質が気になるところ

食べ放題、バイキング、ビュッフェなど色々ありますが、もう大分、そういうところから距離が遠のいている気がします。20代の頃には、住んでいたアパートの近くにチキンカツを大盛りで出すお店があったので一度行ってみた事は有りましたが・・・。

あの時ほど、食べる事が苦しい事だと感じた時はありません。笑

リーズナブルな料金で時間制限内なら沢山食べる事ができる食べ放題ですが、経営する側の立場で考えると、普通にどこの飲食店とも同じように食材を仕入れていては、採算が取れないような気がします。

なのに、安い料金で継続できている。
そこには、実際に食べてみると、意外と料金分食べられない人が多いなどのカラクリがあるのかもしれませんが、普通に考えたら、できるだけ仕入れを安く済ませるものです。

そんな安い食材が本当に安全性が保証されているのか、野菜は、農薬が他よりも沢山使われていないのか、肉にしても同じ事が言えます。実際、残留農薬の多い飼料を与えて育った牛や豚は、その肉にも農薬が残るそうです。

そうやって色々と考えを巡らせてみると、安い裏には、沢山食べられて満足という事よりも、安心して食べられる食材なのかという疑問が残ってしまうものです。そうすると、沢山食べる事自体気をつけなければならないと感じます。

これも、ファスティングを意識して食事量を制限するようになり、益々思うようになったところですが、取り入れる量を制限すると、その中で質の良いものを意識して食べるようになってきます。

実際にそうした食生活を続けていけば行くほど、質重視の食生活となり、安全性が疑われる食品からは、遠のいていくという感じがあります。

そういえば、最近は、ポテトチップスもカップラーメンも食べていない事に気づきました。たまには、食べたいなと思うんですが、ちゃんとした食事を心がけていると、それで身体が満足するので、また、その内にという感じで間延びしている気がします。

量を追いかけるときりがありませんが、質なら、少ない量でも満足できるので、身体にも負担が無く、気持ち的にも満足できるなら、それが一番丁度良い気がします。

コンテンツ

Copyright (C) 2016 食生活について考える事が増えました All Rights Reserved.